~リサチャンレポート 特別定額給付金の使い道~

「#10万円は長崎で使おう」キャンペーン約9割が賛同
「みんなで地元でお金を使って長崎の経済を元気にしよう」というための「#10万円は長崎で使おう」キャンペーンについて尋ねたところ、「大いに賛同する」46.3%、「多少は賛同する」43.4%と「賛同する」が約9割でした。
200706-1

全額を特別給付金を何割程度地元で使いう/使う予定が最多

「キャンペーンに賛同する」と回答した219名に特別給付金を何割程度地元で使ったか(使う予定か)尋ねたところ、地元消費額としては「全額」が24.7%と最も多く、次いで、「半分程度」(17.4%)、「6~7割程度」(13.2%)でした。
一方、「キャンペーンに賛同する」と回答したが、「使わなかった・使わない」と答えた人は14.6%でした。
200706-2

特別給付金の使い道は、「食費などの生活費」3割超

特別給付金を何に使ったか(使う予定か)を尋ねたところ、「食費などの生活費」33.6%と最も多く、次いで「貯蓄」(24.6%)、「家具・家電の購入」「外食」(23.0%)でした。
5月に行った「特別定額給付金10万円、あなたは何に使いますか?」(前回調査とする。調査期間:5月18日~5月21日)と比較すると「家具・家電購入」「外食」「旅行費用」の割合が増えています。一方、「教育・学費(自分の・子どもの)」「税金の支払い」は減っています。
※前回調査時期は新型コロナの緊急経済対策の一つとして政府が全国民に10万円を支給する特別定額給付金の支給が長崎県内で開始された直後。

200706-3

調査は2020年7月2日~7月5日に実施。長崎県在住男女244名が回答。 
関連記事:
特別定額給付金10万円、あなたは何に使いますか?