~リサチャンレポート 歯と口の健康について -ひとこと-~

200601-5
歯と口の健康について、お尋ねしました。
(自由意見から)
みがき方
・力を入れ過ぎると毛先が潰れてきれいに磨けないので、軽い力で磨く事を意識しています。毛先を潰さず立たせたまま小刻みに磨くとうまくいきます。糸ようじは歯磨きとセットで併用しています。持ち歩けるので歯磨きができない状況でも糸ようじだけは使うようにしています。歯にものが詰まっていると口臭や虫歯の原因になってしまうので。(30歳代女性)
・ゆっくり、20分ぐらいかけて磨く(40歳代男性)
・未だに歯磨きが苦手で、最近は二度磨きを始めました。一度目と歯ブラシと歯磨き剤を替えてみたら、気分も変わり面白くなりました。(50歳代男性)
・うがいを念入りにする(50歳代女性)
・歯と歯の間用の小さい歯ブラシや、フロスを併用してなるべく歯石がつかないように予防する(50歳代女性)
・奥までしっかりと磨いています。(50歳代女性)
・歯磨きも1本1本丁寧に磨くようにしている。(50歳代女性)
・洗口液を寝る前に必ず使うようにしている。(50歳代女性)
・歯茎を気をつけて磨いている(50歳代女性)
・歯科医院の指導のもとに歯みがき剤やみがき方をしている(50歳代男性)
・食後に歯磨きをする時間がない時は、洗口液を使っています。手軽にサッパリ出来て便利です。(50歳代女性)
・面倒でも歯ブラシだけでなく歯間ブラシやフロスも使いケアしている(60歳代男性)
・歯磨きは力を入れず優しく磨くよう指導されますが、ついつい力が入ってしまいます。(70歳以上女性)
・デンタルリンスを歯磨きと併用している(70歳以上男性)
気になる
・今後まだ人生が長いことを考えると、噛み合わせをキチンとするために矯正した方が良いのかもしれないけど 金銭的に難しいので悩む(20歳代女性)
・歯医者に行きたいとは思うが、コロナが心配でなかなか行けない。(30歳代女性)
・磨き過ぎないか気になる(40歳代男性)
・歯を抜くことに抵抗はなかったのですが、実際に奥歯を抜いてブリッジにしてみると、やっぱり不便です。自分の歯と違って前のように奥歯に力が入らないし、歯に物がつまりやすいし。 自分の歯って大事なんだと失ってから知りました。これから残りの歯を大事にしようと思っています。(40歳代女性)
・歯ぎしりが悩み。マウスピースを作ったが、今ひとつ気に入らない(50歳代女性)
・歯医者に行くと延々と通わなくてはならなくなるのでイヤ。 さらに、治療機器や器具が本当に清潔なのか不安。使い回しのような気がする。(50歳代女性)
・歯並びが悪く、コンプレックスがあります。最近、大人になっても矯正ができると知りましたが、料金が高いのと、矯正期間が長くかかるということなので、悩んでいます。(50歳代女性)
・黄ばんだ歯を白くしたい(70歳以上男性)
改善・きっかけ
・数年前に顎関節症になり、マウスピースや姿勢矯正で改善しました。噛み合わせなど、今までと意識を変えるきっかけになりました。(50歳代女性)
・歯並びも噛み合わせに重要なので、50代での歯列矯正をしました。(50歳代女性)
・寝ている間の「食いしばり」には「ア・イ・ウ・ベー体操」がいいそうです(60歳代女性)
・過去を振り返るにあたって、子育てに追われ歯を健康に保つ努力が不足していたのは否めないが、予防医学の観点からもう少し若い頃から歯周病予防の事を歯科医院で指導して貰えていたらと残念に思う。(60歳代女性)

調査は2020年5月26日~5月31日に実施。長崎県在住男女244名が回答。 

関連記事:
歯と口の健康について
歯と口の健康について -歯科検診-

歯と口の健康について -お気に入り-