~リサチャン★オープンアンケート「新型コロナウイルスの生活への影響について」~


新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、
一部商品の品薄、学校の休校、イベントの開催変更など
日常生活への影響をリサーチしています
【影響と対応・心がけ など】

■やはり、不要不急以外、旅行やイベントや、遠方の親族とは合わないようにしている
→マスク、手洗い等にこころがけている


■学校行事が中止になる。会議など、減少
→できるだけ少しの期間ですむように、がまん!!
■影響はない
→手洗いうがいの励行、外出の自粛
■観光業に従事する個人事業主です。 収入が途絶えました
→倒産するかもしれない
■買い物時間を短くして人と関わる時間を短くする
→買い物に行く時は必ず手洗いを行なう スーパーマーケットでの アルコール消毒も必ず行なう


■予防のマスク不足程度
→外出を避ける。物に触れないなど


■仕事
→楽しむことを心がけている
■買い物が早くなりました。
皮肉ではなく、必要な物だけを購入したら、さっさと店を出ます。
→とにかく、悲観しても解決しないですから、自らできる範囲で節約しています。
福祉からの援助は、本当に必要な人には届かない、選別制度だと実感しましたから。


■旅行やイベントは軒並みキャンセルでお出かけが楽しめなくなりました。
→家での過ごし方を考え発見する機会を得たと思って過ごしています。
■外出できなくなる
→近所の公園で日向ぼっこ


■外に出ることが少なくなる
→手洗い


■春休みの旅行が中止になった
→手洗い、うがい、マスク。なるべく人の多く集まるところには行かない。
■必要がない時は極力外出をしなくなった。
→マスクが売ってないので、手拭いマスクで対応している。
■休日の遠出や旅行、法事などの行事、仕事関係の食事会など。
→とにもかくにもまずは感染防止が大事なので手洗いの徹底と、栄養バランスのとれた食事と睡眠。
  ストレスも適度に発散して、笑顔を心がける。
■観光従事しているので収入がが激減した。
→どうにもならない


■外食を控えている。また、マスクやアルコール消毒液が足りておらず不安。
→手洗い、うがい、換気をこまめにする。
■人の集まる会議、研修及び出張の禁止
→人の集まる場所には寄り付かない


■買い物に行く回数が減った。
→アルコール消毒液で家に入るときは必ず家族全員が手をこすっている。
■仕事
→手洗い 消毒
■職場(介護職)の行事自粛、参加予定のカルチャーイベントの中止
→体調管理
■子供の保育園
→根気よく待つしかない


■出かけたくない。
→手洗い、軽い運動。
■出かけられない。
→手洗い。運動。
■マスクが手に入らない。食事会やお花見など自粛している。
→テレビをつければ、コロナばかり。大切な情報ですが滅入る気持ちも出てきます。
  ストレスを溜めないようにしたいところですが、なかなか上手くはいきませんね。


■職場が医療機関なので、マスクや消毒薬の不足がある。
→とにかく、手洗いうがいの徹底。不要不急の外出をしない。
■通勤バスが感染が怖い 買い物 色々品切れ
→平常運転
■旅行やイベント
→手洗いをマメする
■仕事、イベント
→特にない
■職場:観光関係の仕事だが、目に見えて中国系・韓国系の観光客がいなくなった。
  日本人観光客も卒業旅行らしい若者以外、目に見えて減っている
  案内ガイドを含めた職員はマスク着用、通常はマイクで肉声で案内をするものを、全文収録済みの音声案内で対応、 
  待合室に消毒液の設置、手すりなどのこまめなアルコール消毒を実施。
→どの観光関係の仕事も同じなので、終息を待つしかない。公休日の不要な外出・他人との接触を避けている
■バスケの九州大会が中止になった


■今は少し落ち着いて来ましたが、一時期紙類の不足で困りました
  相変わらずマスクには、なかなか困惑してます
  持病があるため、必要なんですが、手に入りません
  必要のない買い占めは止めて欲しい
→良くわからない 手洗いうがいしか現状やれてません
■子供の学校が休校
→ひたすら自宅で我慢

調査は2020年3月12日~実施中  新型コロナウイルスの生活への影響について

【関連記事】
リサチャンレポート 「新型コロナウイルスの生活への影響について」対応編
※調査は2020年3月6日~3月10日に実施。長崎県在住男女254名が回答。