~リサチャン★レポート 「新型コロナウイルスの生活への影響について -対応編-」 アンケート結果~


「新型コロナウイルス」の現在の状況を乗り切る工夫やアイディア、
 心がけていることなどをリサーチしました。(自由記述方式)



「手洗い・うがい消毒」が最も多く、次いで「外出を控える」「外出時のマスク着用」の順

200312-2

具体的な意見として、

・ニュースで見た歌を歌いながら手洗い。(30歳代女性)
・人混みには行かない。手作りのマスク。手指消毒をする。(30歳代女性)
・土日外に出れないときは、手作りピザ、ギョーザなど子供と一緒につくって楽しんでいる(30歳代女性)
・感染しないように手洗いをしている。インフルエンザや普通の風邪と大して変わらないと思うのだけれど、ニュースやデマで行動が委縮してしまっている。経済に打撃とならないか心配だ。(40歳代男性)
・コロナを必要以上に怖がらず、日常的に免疫力を高めておくこと。(40歳代女性)
・家で過ごす時間が増えたので、この機会にのんびりしようかと思ってます。掃除や衣替えもしたいです。(40歳代女性)
・新型コロナもインフルエンザも、移らないよう注意する事は基本的に同じだと思うので、元々やっている、手洗い、手の消毒は引き続きちゃんとやっている。
特に、お金やドアノブを触った後は、時間を置かず直ぐに。  それ以外は、景気にも影響するので、なるべく普段通りの生活を送るよう心掛けている。(50歳代女性)
・手洗いうがい、外出時はマスク着用。
もし感染者が自分や近隣者に出たとしても冷静に対応するように心がける。(50歳代女性)
・各人が、手洗い・うがい・換気等を徹底し、また、睡眠・栄養を十分とり、ウイルスを取り込まない身体をつくる。社会・経済を停滞させないためにも、検温・予防するなどして、過度に自粛せず通常の生活を送る。
マスコミや政府広報においても、変に煽らないようにミスリードをなくす。(50歳代男性)
・睡眠確保、温野菜を取る。発酵食品など。あと、気合! (60歳代男性)

など


調査は2020年3月6日~3月10日に実施。長崎県在住男女254名が回答。